前向いて行こう!〜カウンセラーの日記〜      

アクセスカウンタ

zoom RSS ココロのクスリ

<<   作成日時 : 2016/12/23 11:17   >>

トラックバック 0 / コメント 4

昨日は年内最後の通院日でした。


ここ半年ほど不安定だった肝臓の数値も
やっと落ち着いてきて
ほぼ問題なしとのことで安心しました(^-^)



おかげさまで、今年も無事に越すことが出来そうです

とK先生にお礼を言ったら


「本当に、良かったですねぇ」


感慨深げに言ってくれました





外来の看護師さんや事務職員の人たちも

通院治療センターの看護師さんたちも


ここの病院は、皆さんとても温かく接してくれるので

行くとなんだかホッとするのです。


でも、ガン友さんの彼女たちと
さよならした場所でもあるので

ちょっぴりココロが、きゅっ...となる場所でもあります。




会計を終え帰ろうとしたら

20分後くらいに院内クリスマスコンサート
があることを知り

せっかくだから聴いていこうと思いました。


近隣地域の高校生ブラスバンド部、チアリーディング部
の皆さんの演奏、演技でした。



患者さんやその家族の皆さんに
元気を送ります!

と笑顔で言ってくれる子供たち。




あぁ、若いっていいなぁ、
それだけで、元気をもらえるなぁ

ありがとうねぇ


ここに、彼女たちがいたら
どうだったかなぁ...

きっと、皆んな
満面の笑顔で拍手を送っているだろうなぁ...



そんなことを思いながら

周囲の人に気づかれないように
泣きました。






***



最近の自分は、涙もろくて。




再発入院してから退院後半年くらいまで

泣けなかったのです。



カウンセラー、相談員をしているのに

自分のココロを
自分ではなんとも出来ず

泣くことすらできない辛さを

やっと初めて知ることができました。



涙はココロの浄化をしてくれる。

今は、それがとてもよく分かる気がします。




泣けないことが苦しくて、辛くて

そうこうしているうちに

寒いのに全身びっしょりになるほどの
汗をかくようになって

手のひらも、拭いても拭いてもベタベタで

そうすると、スマートフォンの画面も
操作できなくなって



横になってじっとしていることも
座ってぼーっとしていることも出来なくなり

(カラダが重い、と感じられるから
人は横になれるのだなぁ、ということも分かりました)


好きな音楽を聴いて気を紛らわそう、
としても
音を聴くこと自体がダメになり


夜も全く眠れなくなって
2種類の眠剤を試してもダメで


夜が明けるまでのものすごく長い時間を
いったいどう過ごそうが...

毎日、毎日
そんなことばかり思うようになりました。





これはもう、限界かも、

このままいたら、カラダの前にココロの方が
先に壊れてしまうかも



朝の回診にきたK先生に
自分から、精神科を受診させて欲しい
とお願いして

その日の午後、

精神科のT先生のところを受診することになりました。



足の筋肉も弱って
自分1人で精神科まで歩いて行くことができず

看護助手さんに車椅子で連れて行ってもらったことや

入院生活で使わなくなった指が
思い通りに動いてくれず

問診票に読める字が書けないことにも
ショックを受けていた私に



関西訛りの若く明るいT先生は

今の私の状態が
人として、決しておかしい訳ではないことを

とても真摯に、丁寧に説明してくれました。


1時間30分の間

車椅子に座って、カラダのあちこちを
さすりながら

先生とお話した結果


適応障害 の診断を受けて

一番最低限の抗うつ剤と安定剤を
それぞれ毎日1粒づつ服用することになりました。




私はカウンセラー、相談員として

相談に訪れる人たちに

「お薬に、少しだけ助けてもらいませんか?」

と、お話しして来ましたが


実際に自分が服用することになるまでは

精神科のお薬を服用することへの
敷居の高さを、

ほんとの意味では分かっていなかったかもしれません。




でも、T先生が処方してくださった薬を飲んだら

あれほどなにをしても、どうやってもダメだった
カラダの汗が、すっと引いて

横になったり、じっと座っていることが
できるようになりました。


そのことにとても安心できたせいか
夜も、少しずつ眠れるようになっていきました。






***



そのお薬を

減薬しましたが、今でも服用しています。



なんといっても、

ステージ4のガン患者 であることには

今も変わりはないので


ガン治療がおわり、経過観察期間も無事に過ぎて

もう大丈夫かな?

と、ほんとの意味で思えるようになるまで



T先生と、処方していただいているお薬に
少しだけ助けてもらおう、

と思っています(^-^)






***



昨日のK先生の受診の後、

T先生のところでも20分くらいお話して来たのですが


T先生に、服用している抗うつ剤のことを聞いてみました。



T先生は


「マイコさんは、ガンとこれからも長く付き合っていくことになります。その間に受けるココロの傷も、どうしても多くなると思います」

「このお薬は、そんなココロが受けた傷を修復してくれる作用があります」

「マイコさんが、どうしてももう辞めたい、とおっしゃるか、もう大丈夫としっかり思えるところまでガンの治療が終わるまでは、服用してはどうかと思っています」

と言われました。






ココロの傷を修復してくれる、



T先生はそう言われていましたが

私の中では、少し違う感じがしています。




外側からの刺激でココロがこれ以上、
必要以上に傷つかないよう

薄いベールで包み込んで守ってくれている



そんな感じがしています。




薬を服用しても

ステージ4のガン患者である事実は変わらずそこにあり

一緒に辛い時期を頑張って乗り越えてきた仲間は
ここにはもういないことも
変わりません。


そのことの悲しさ、寂しさ
ココロの傷は

大きさは変わらずまだココロにあるのです。




でも、
カタチを少しずつ変えながら
自分で抱えていられるように
うまく付き合っていけるように

そのために
お薬に助けてもらって

お医者さまに助けていただいて

たくさんの人たちにも支えてもらっている


そんなことを感じています。




今、私がこうして生きているのは

皆のおかげ


ありがとうございます...!







***


私の日記は

時系列があっちこっち飛んでいるので
読みづらいかもしれません。


そう思って、順を追って書こうとしたら

かえって書けなくなってしまいました〜(^^;)



なので、これからも

闘病のことについては
思い出した順、書こうと思った順に

書いていこうと思っています。









にほんブログ村 病気ブログ 膀胱がんへ
にほんブログ村



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
泣けるってつらい涙もあるけど、すばらしいですね。僕はつらいときもうれしいときもうまく泣けません。素直に泣くことを表現できたらいいなって思います。
精神薬のことですが、薬を初めて飲むときはたぶん、どの患者さんも抵抗があると思います。でも飲み続けることで調子も安定するし、お守りのような役割になると思います。僕は今、援助職ですが、精神科にも通ってます。どちらの立場の気持ちもわかる人間でありたいです。
キング?カズ
2016/12/24 13:15
キング・カズさん

こんにちは(^-^)

>どちらの立場の気持ちもわかる人間でありたい

そうですね、
ほんとにそうだなぁと、最近よく思うことがあります。

とくに、相談、援助職の人や、福祉分野で働く人たちに
どちらの立場の気持ちもわかる、分かろう、理解しようと思える人間性が必要なんだと、とっても思います。

何年か前に、泣けなかったとき
「東京タワー」だったかな?映画を観に行って、号泣しました。

泣けることで救われる、

そういうことがあるんだな、と思いました。
マイコ
2016/12/24 15:17
15年前の この季節に
私は 人生最大のショックを受けるできごとがありました。

当時 ピアノの連弾などを 一緒にやっていた方から 
「音楽は 癒しになりますか」と聞かれて

「いいえ まったくなりません」と 
答えた事を思い出しました。

長い道を歩んできたけれど
今は たくさんの音楽を楽しめて
映画も楽しめています。

あの痛みも 形を変えて
故人の愛をやっと感じることができるようになりました。
AZ
2016/12/24 16:01
AZさん〜

15年、きっと、私たちには想像も出来ないくらいの、いろんな思いを抱えて
AZさんは歩いてきたんですね、

大好きな音楽や、映画を
今は楽しいと思えるAZさんでいてくれて
本当に良かったです(^-^)


痛みが、形を変えて
愛に変わる...

それだけで、なんだか私の方が
救われる思いです。

AZさん、
ほんとによく頑張りましたね、

ありがとう〜

マイコ
2016/12/27 19:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Myホームページ

ココロのクスリ 前向いて行こう!〜カウンセラーの日記〜      /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる