親愛なる 上田公介先生へ

熊本、大分の地震
大変な被害になっていて、とても驚いています。


東海大学の学生アパート、
息子と変わらない年齢の学生さんが
犠牲になったと思うと
いたたまれない気持ちでいっぱいです。


今の自分に出来ることは何か。
被害に遭われている皆さんが
望まれていることは、何か。

こんな時こそ、慌てたり
自分の思いだけで突っ走ったりしないよう
気をつけよう、と思います。



***


4月7日にCT検査を受けました。
今回も、無事に通過することができました。


私には、主治医の先生が二人います。


一人は、2年前に手術をしてくださり
再発した1年前
いちかばちか、の治療法を決めてくださって
2度も命を助けてくださった先生です。

入院中、心細くて
私の方から先生に「握手してくれませんか?」
とお願いして以来、ずーっと
外来になってからも
「頑張っていきましょうね」と言って
握手をしてくれる
とても穏やかな先生です。

先生との間で、握手は
治るおまじない のようになっています(*^_^*)



もうひとりの先生は
別の病院の先生で
私の病気を完全寛解(完治ではないけれど、治癒
している状態)まで持っていってくれました。

診察室に入ると、いつも満面の笑顔で
「大丈夫、大丈夫!」と言ってくれる先生で

本当なら、大学教授のまま安泰な生活を
送れていたはずなのに
臨床がどうしてもやりたい!という思いで
クリニックでたくさんの患者さんを診ていらっし
ゃいました。

温かくて、いつも元気な先生の姿とお声が
患者さんたちにどれだけ安心感と勇気を
くれていたかわかりません。


その、クリニックの先生は
私に
一生治療に来なさいって言いました。
先生はもう70歳に手が届くお歳だったので
「じゃあ、先生も100歳までは頑張ってください」
なんて言って、
看護師さんたちと一緒に笑っていました。


そんな先生が
3月の終わり、満開の桜の中を
天国に旅立っていってしまいました。

先生は、いつもいつも、患者さんの事ばかり
考えてくださっていて
本当は、昨年末からご病気だったのに
看護師さんたちに「患者さんには絶対に言うな」
と話されていたそうです。

先生は、いつかDr.コトーのコトウ先生みたいに
無医村の医療に携わりたい、と
言われていたことも知りました。


上田先生~

先生が、一生来いって言ったのに
どうしてこんなに早く
たくさんの患者さんを残して
天国にいっちゃったのですか( ; ; )


でもきっと
天国にも上田先生を必要としている人たちが
たくさんいるのかもしれませんね、

先生が大好きだった桜
満開でしたね、



先生の志の灯火を絶対に消さない!

そう心に決めて、看護師さんはじめ
たくさんの人たちが、あちこち手を尽くして

先生の跡を引き継いでくださるお医者さまが
見つかりましたよ。

先生、だから安心して下さいね、


私も、助けていただいた命を
もっともっと大切にして
先生のように、少しでも多くの方のお役に
立てるよう、頑張ります。


上田公介先生は
医者の中の医者 でした。

私たち患者の、心と体を支えてくださいました。

本当にありがとうございました、

これからも
どうか、たまには下界を覗いて
私たちのことを
見守っていてください。












この記事へのコメント

AZ
2016年04月18日 20:05
そんな素敵な先生方に 治療を受けておられたのですね。
出会いは ご縁。
心細い時には 本当に頼りになったことでしょう。
暖かいものが 握手の手から 流れてきたことでしょう。

私の大切な友を 治していただいてありがとう。
私も そんな思いを お空の先生に伝えます。
マイコ
2016年05月12日 14:54
AZさん

本当にたくさんの方たちに支えてもらって、応援してもらって、見守っていただいて、今の私がいます。

お二人の主治医の先生、それぞれの病院の看護師さんたち、緩和ケアチームの看護師さん、心理士さん、薬剤師さん、看護助手さんたち、
そして、AZさんはじめ、たくさんの友だち、仲間の人たち、
神さま、ご先祖さま、
そして家族、
etc.

皆さんのおかげで、ここまで治していただけました。

大袈裟なんかでは決してなく
皆さんの支えがなかったら
私は今頃ここにいないと思います。

皆さんとの出会いに感謝、
ご縁に感謝です(*^_^*)


この間、看護師さんと
「上田先生のことだから、きっと天国行きを拒否して、今も診察室や治療室にいて、お前らちゃんとやっとるか~って言ってるよね(^^)」
と話していました(*^_^*)

なので
ここからは、おんぶに抱っこではなく
自分自身も免疫力を上げていく工夫や努力をして
東京オリンピックを元気な自分で観に行こう!
と思っています。

AZさん、いつもありがとう~(^^)
これからもずーっと友だちでいてね。

がんばりますよー(^-^)/


mk
2016年12月14日 20:53
上田先生にお世話になったのが腎臓ガンでした。昭和60年に名市大で手術をしていただき、その後東市民病院.蜂谷整形外科と先生の大丈夫大丈夫が聴きたくて先生に常に ついて回りました。いつものように旅先から美味しい名物をご自宅に贈ったその後奥さまから夫の上田が3月に亡くなった事をお聞きしました。声も出ませんでした。大好きな先生がいなくなるなんて..考えもしませんでした。上田先生の素晴らしさを伝えるのが残った者の努めと思います。その為には私達が生き抜く事だと思います。
マイコ
2016年12月18日 10:52
mkさん

上田先生のことをずっと前からご存知で
先生に救われた方からのコメントをいただけて
とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

上田先生の素晴らしさを伝えるのが
残った者の務め

涙が溢れてたまりません

そうですね、本当に。

私達がちゃんと生きて、生き抜いていくことが
上田先生の素晴らしさ、温かい人間性を
証明していくことになるのですよね。

助けていただいた命を
大切にして、生き抜こうと思います。

ありがとうございました。

mk
2017年01月09日 19:42
年末年始は何時ものように
自分への感謝をこめた(☺)
旅に行ってきました。
でもいつもと何かが違いました。
そうだ上田先生にお贈りするお土産を
選ぶ事が出来なくなったのは旅に出て
初めてなんだ。
上田先生!何がご所望てすかー
マイコ
2017年01月10日 23:41
>mkさん

あけましておめでとうございます(^-^)

年末年始は旅に行かれるのですね。
自分への感謝、私はすっかりそのことを忘れていました(^^;

上田先生、美味しいものに目がなかったですよネ
ドクターストップでお肉を禁止されてるといって
とても残念そうにされていたのを昨日のことのように覚えています。
(そのときは「腸閉塞」と私たち患者には説明があったのです)

ほんと、上田先生
今はどんなものをご所望なのでしょう~

毎年、mkさんからのお土産が届くたびに
「ええ人やなぁ」とにっこりされていたのでしょうね。

上田先生のあったかい声をまたお聞きしたいです。

mk
2017年03月30日 22:09
先生が大好きな🌸が咲き始めて来ましたよ
先生が亡くなられて一年が経ちました
あっという間の一年です
私の病気も🌸の季節から始まりました
でも先生のお陰で全快し、その後は何十年も🌸
を観ながら先生の元へ通っていました
これからも先生と一緒に寿命まで行きたいと思います

合掌

2017年04月02日 21:41
mkさん(^^)

桜、やっと咲き始めましたね~

先日、看護師さんたちが
上田先生をしのぶ会をされたそうです。
あれからもう一年、
早いですね。。

上田先生は、天国へ行かれても
きっと門番の人と仲良くなって
今もこっそり天国を抜け出しては
下界の私たちの近くにおいでになってる気がします(^^)

mkさんは全快されて
その後何十年も上田先生の元へ通われていたのですネ

きっと、今も
mkさんのそばに来られては
にっこりされていらっしゃるのではないかなぁ
と感じます(^-^)

私も「一生来い」と先生にいわれた身。
診てくださる先生は違いますが
これからも先生との約束を守って
ずっと通おうと思います。

桜、上田先生と一緒に
今年も眺めようと思います(*^-^*)
mk
2018年03月30日 20:52
上田先生 満開の🌸です
🌸も先生の命日に合わせたようですね


しかし寂しいですね

先生のいない世界は

お互い長生きして先生にほめていただきましょうね

先生の笑っているお顔が目に浮かびます。