心身のメンテナンスは大事

あっと言う間にもう10月になってしまいました

このところ、ほんとに時間の経つのが速くて

「最近のドラマは週に何回も放送するようになったんだなぁ」
と寝ぼけたことを思っていたら
一週間きっちり経ってました(^_^;)

・・・なんていうことばかりであります。

反対に、早く過ぎて欲しいときに限って
時間はとっても遅く流れていったりするんですよねぇ。


(インテルの時計のCM、面白いなぁ~~)




今朝はとっても穏やかないいお天気

ほんの少しでもいいから、気持のいい時間を
ゆ~~~~っくり味わって過ごせたらいいなぁ。。




>>>


知りあって少し時間が経ってから
「心理カウンセラーです」とカミングアウトすると

ほとんどの場合、ちょっとびっくりされて
何か凄い仕事をしている人のように思われて
それまでとは微妙に違う空気が一瞬漂ったりします(^_^;)

そのたびに

「そんな凄い仕事やってるわけじゃないですし(汗)」
「たまたま職種がカウンセラーだというだけですから・・・」
「仕事なんて、みんな一緒ですし」
「私もほんとにただのフツーの人ですから」

と一生懸命しゃべっている自分がいます。

それで相手の方が納得してくれると
ほっ・・・と胸をなでおろしています(^_^;)



クライエントさんや利用者さんとお話していても
自分も目の前にいる方と同じ、ただの人間だよなぁ~
と思うことばかりです。

自分だって、ただの人間なわけで
悩んだりもすれば、なんだかイライラしてしまうことだってあるし
それが自覚てきてないと
いったい自分の仕事は何であるのか・・・が見えなくなっちゃったり
するんだよなぁ、

目に見えない、自分も持っている「こころ」を扱う仕事なので
自分のこころの在り方の部分でも
仕事と私生活が、他の職種よりもごちゃまぜになりやすいかも
しれないなぁ、

そのためにも
やっぱり心身のメンテナンスは大事なんだよなぁ




意味不明ですょね(^_^;)
スミマセン




>>>


さぁ、洗濯物干して、昼ごはん作って
午後から仕事頑張ろう~








この記事へのコメント

琉球風
2011年10月01日 21:26
んだねェ~ボクも「先生」とか言われると、抵抗感あったなァ~。。。
まあ、最近は「皆さんも先生以外には呼びづらいのかも」と一人納得にて、気にしないように。。ですかねェ
2011年10月02日 11:48
>琉球風さん
あ~、ほんと、そうですょねぇ~
「先生」なんて呼んで頂く器?では全くないんですけど(←私が)、そのほうが呼びやすくて気を使わずいられるのかも…??と思うと、「あだな」のようなものだと自覚してそのまま呼んでいただいています(^_^;)

おやじカウンセラー
2011年10月03日 23:16
お久しぶりです(-_-)
毎日とても忙しく頑張っていらっしゃるようですね。
心身のメンテナンスは大事・・・
本当にそう思いますね。
私の周りにも、頑張りだすと止まらなくなって、へとへとになってからようやく気づくタイプの人がいますが、そういう人に限って良い仕事するんですよね~(^_^;)
ひなびた温泉でのんびりお湯につかって、美味しい料理を食べて、仕事に関係のない本でも読んで、飽きたらまたお湯につかって・・・
そんなささやかな夢でさえ、いったいいつになったら実現するんでしょうねぇ(>_<)
でも仕事や家のことが気になって、かえってのんびり出来なかったりするかも(^.^)
まあ、ぼちぼちやりましょうね(^。^)y-.。o○

2011年10月04日 01:00
>おやじカウンセラーさん
お久しぶりです~(^-^)ノ お元気でしたか?
ひなびた温泉においしい料理… あぁ~、いいですょねぇ~ いつか、いつか…と思ってる間に、今年ももう10月になってしまいましたね~(^_^;)
事務仕事だったときは、不可抗力で何がなんでも頑張らないといけないときももちろんあったけれど、調子が良ければちょっと多めに頑張ってみたり、調子が良くなければ少し量を減らすとか、調整しながらとにかく目の前の仕事を期限までにちゃんとこなすことを考えて仕事してたなぁ。。と思うんです。
上手く表現できないんですけど(^_^;)、「自分の心の状態」と「仕事」との間には、明確な距離がちゃんと存在していて、そのふたつがごちゃ混ぜになることはほとんどない(調子良くても良くなくても、やるべき仕事(たとえば、未入力の売上伝票の山)はいつもと変わらずそこにあるる…みたいな)気がするんです。
でも、自分自身の中にも存在している「こころ」を扱うカウンセリングみたいな仕事だと、自分の調子の悪さと「仕事の対象」である相手の「こころ」がごちゃ混ぜになってしまいやすくて、「自分の心の状態」と「仕事」との間の距離が短くなりすぎたり、遠くなりすぎてぜんぜんお話を聴けなくなってしまったりしちゃうんですよね。
自分の心の状態に原因があるんだ…と気付ければまだマシなんですが、そういうときこそなかなか気付けなかったりしてしまうのが人間の悲しい性でもあったりするような…(^_^;)
カウンセラーも人間なので、いつもいつも『元気はつらつオロナミンC!』なんていうわけにはいきませんが(苦笑)、自分の調子に気付いてケアできるくらいのメンテナンスは必要だなぁ。。と、最近あらためて感じました。
…という自分は、メンテナンスできてるかなぁ~?(^_^;)