「心は気まぐれ」の続き その1

寒いですね~
この地方でも明日の予報には雪マークが。。

明日は 心も学ぶパステルアート講座 の最終回講座があるので
どうか雪が積もらないことを祈るばかりです。


今日はお子さんの調子がよくなくてキャンセルになった方もいらっしゃいました。
インフルエンザも流行っているようですので
みなさんもどうぞ栄養と休息をできるだけとって
温かくしてお過ごしいただければいいなぁと思っています(^-^)




>>>


前の日記で 「心は気まぐれ」 ということを書きました。

今日は、空いた時間でその続きを書いてみようと思います。



11日は私の誕生日でした。
たくさんの人たちにお祝いのコメントやメッセージをいただいて
本当に嬉しくて、幸せだなぁ・・・としみじみ感じました。

(ありがとうございます)


友人のMさんからサプライズプレゼントが届いて
びっくりするやら嬉しいやら
宅配便のお姉さんが立ち去ってから、ひとり小躍りしてしまいました

(Mさん~、ほんとにありがとう~)

画像




それと
今まで息子に誕生日のお祝いなんてしてもらったことがなかったのに
塾が終わってからお店を回って
私のためにプレゼントを買ってきてくれました

(夫は慌てて「俺も半分出すから。いくらだった?」と息子に聞いてました。笑)

画像




友人・知人の人たちや、家族にこうしてお祝いしてもらえて、
私は本当に、幸せな人間だなぁ・・・

と、心がほっこり温かくなって
目にはちょっぴり涙が溜まりました




昨日は昼過ぎまで名古屋で相談活動をして
そのあと実家の母のところへ顔を出しに行きました。

よく行くお花屋さんから誕生日プレゼントのフラワーブーケを頂けて
「あ~、幸せだなぁ。。」
とまたまた感じて、
そのブーケを私からもらって喜んでいる母の姿を見て
「よかったなぁ。。」
とまたまた心の奥がほっこりしました



実家から帰宅したら
息子が買ったばかりのTVゲームで遊んでいたんですけど

いつもだったら
「宿題もやってないのにあんたは~(-"-)」 と小言を言うのに
なんだか気分が良かったせい?もあってか
そのまま何も言わずに気分良く過ごしていました(^-^)






・・・と、「ここまでは」 本当に心穏やかにいたのですよね。


で、ふと休み明けのテストのことを思い出して

「もうそろそろ答案用紙が返ってきてるはずだから見せてごらん」

と声をかけたら






・・・


・・・










「・・・あれ? そういえばカバン(学校の)ってどこやったんだろう???」

というのでびっくり



家の中のどこを探してもカバンがないのです。
教科書やノートや部活のジャージも入っている 学校のカバン です。
なくなったとなれば、本当に一大事です


部活が終わって、途中でコンビニに寄って
そこまでは確かに自転車の前カゴにあったはず・・・という息子。

その後自宅近くの本屋に寄ったけど
そのときにあったかどうか
帰ってくるまでの間、帰宅したときも含めて
全く記憶がないそうです(唖然)



もうびっくりするやら情けないやら・・・(>_<)
どうして今の今まで気づかなかったのか、???です

塾の予定もキャンセルして
そのあとすぐに帰宅した夫と一緒に夜中まで探しに行きましたが
結局見つかりませんでした。


ついさっきまでほっこりしていた私の気分も一気に急下降
今後の展開を考えるとほんとにブルーになってしまいました。


心の中では

もうお願いだから、もっとしっかりしてよ~~~

もう勘弁してよ~~~

の声がずっとこだましていました。





>>>


で、今朝息子はいつもより早く起きて登校していきました。

やっぱり私の気分も冴えませんが
心の中では

どうか学校に届いていますように。
息子が学校で肩身の狭い思いを少しでもしませんように。
息子がほっとした顔をして帰ってきますように。

・・・

と不安の中で願っていたりしています。




>>>


心って、こんなふうにほっこりしたりブルーになったり
穏やかだったり、不安だったりイライラしちゃったり

ほんとにめまぐるしく形や色を変えていくんだよなぁ。。と
とっても感じます。

そしてそれが、ロボットとは違う生身の人間の心なのではないか・・・
と感じてもいます。


私は、息子に対して
いい加減にしろよと思って
勘弁してよと本気で思って
とっても腹が立っている(いた)けれど

息子のことを大切に思っていないかといえば
ぜんぜんその反対で、
息子が少しでも幸せに生きてくれることが
自分にとってとてもとても大切なことだとわかっています。


いくら腹が立っても、いくら情けないと思っても
いくら勘弁してよ、解放してよ~と心が思っていても
息子が大切なんだということを
心の奥のもっともっと奥のほうで分かっています。


「心」とは違う何かが、もしもあるのだとしたら
そこには息子への大切だという確かな思いがあるような気がするのです。




>>>

長くなったのでこの続きはまた別に書こうと思います(^-^)





カウンセリング・アートセラピーのお申込みは コチラ 
携帯HP http://k.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/hello-mine/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

キング?カズ
2011年01月15日 10:15
マイコさん11日誕生日だったんですね。おめでとうございます。今年は2011年1月11日と1続きで、なんかいいですね。いろんな方からメッセージやお祝いがもらえるなんてすごいですね。それだけ気にかけてもらってて、愛される存在なんですよ。僕にはそういうことはあまりありませんのでうらやましい気もします。ただ僕は照れ屋なので盛大に祝ってもらうのは恥ずかしいです。
それより息子さんのかばんはどうなったんでしょうね。学校で使う大事なものが入ってるのでショックと焦りの気持ちでいっぱいでしょうね。ものをなくしたときで、特に疲れたときはそのときの記憶がとんでしまうときありますよね。かばん届いてるといいですね。それと悪用されてないように願ってます。
おたふく
2011年01月18日 11:16
素敵なお誕生日の出来事に
いい感じで 羽ばたいておられたのに・・・・
カバン 一体どこへ行ってしまったのでしょうか・・・?
有り得ない 失くし物・壊し方・勘違い
・・・
それなりに 付き合っていく覚悟は 母としてこれからも必要・・・なんでしょうねぇ・・・(><;;)
でも 子供たちのおかげで 自分の内面をいろんな角度から眺めることができて 成長させてもらってるのかなあ・・・^^;
まずはカバンの無事を お祈りしてます!!!
2011年01月19日 15:15
>キング・カズさん
息子のカバン、おかげさまで無事に拾っていただけました(^^ゞ お騒がせしましてすみません、ありがとうございました
誕生日にこんなに祝っていただけたのは初めてのことなんです。(やっぱり「1」が五つも連なる年だったせいもあるのかな?)
そんな私はといえば、気がきかなくて人の誕生日も覚えていられなかったりと、ほんとにすみませんです…
2011年01月19日 15:23
>おたふくさん
どうも、ご心配をおかけしました
拾っていただいた方に感謝・感謝です~
なくなった弁当箱、取っていった人がせめて使ってくれるといいなぁ(笑)

>有り得ない 失くし物・壊し方・勘違い
・・・
そうなんですよね(^_^;)
「これがもしも会社の大切な書類だったら、こんなことでは済まされないんだよ」ということを
息子にはこの機会にしっかり話しました。
息子にとっても今回のことはいい人生勉強?になったならいいなぁと願うばかりの母でございます(^^ゞ