高校生になった息子 その後。

去年の今頃は・・・

どうか息子が「高校」に合格できますように。。!!!

と毎日毎日祈りながら生活していたんだったなぁ。。



ここのブログに書きこみをしてくださる方たちに
温かく応援していただいたことが
息子と親の私にとっては本当に心の支え、救いになりました。

私立高校の合格通知をもらった日に実家の父が亡くなって
一か八かで受験した第一志望の高校に合格させていただけて
あれから毎朝元気に自転車で登校している息子です。









・・・で。




高校生活は順風満帆、問題なし♪


・・・と言いたいところなんですけど


この間、ついに「親呼び出しの刑」 に処されることになってしまいました~




罪状は

「授業中の居眠り」 「ノートをとらない」 「忘れ物」

の三つ。


「授業態度をチェックする週間」なるものが三回あったらしく
(最近の高校って、こんなことまでするんだ・・・びっくり)

その三回ともに引っかかったのは息子を含めて6名だけだとか・・・


怖そうな学年主任の先生と、担任の先生
息子と母親の私・・・の4人で
30分ほどの懇談・・・というか、しっかり絞られた、というか(汗)



「居眠りで勉強が分からなくなっても本人の自業自得ですから~」
(にっこり♪)

と学年主任の先生に言ってみようかな・・・と
チャレンジャーなことも思ったりしてみた私ですが
とてもそんな雰囲気じゃなかったのでやめました(苦笑)

まぁね、成績の方もまたまた急降下ですしね、
それで授業中寝てばかり、ノートはとらず、忘れものばかり・・・
ではねぇ。。(^_^;)



昼からの授業はどうやっても寝てしまうと息子から聞いていたので
お昼の弁当を少し減らして満腹にならないように・・・とか
ベストやセーターを着ないで温かくて眠たくなったりしないように・・・とか
夜はなるべく早めに寝る・・・とか
家族でも相談しながらいろいろ試してみたのですがダメなようで
本人も困り果てていたところでの「呼び出しの刑」でありました。


午後の授業は眠たくなっちゃうのもわかるしなぁ。。
興味のないものには極端に注意力散漫になる息子なので
努力根性だけではなんともできないだろうし(+_+)



部活の先輩には
「ブラックのコーヒーを飲め」
とアドバイスされたそうです。

ある先生には
「自分が高校生の頃は、よく一分間息を止める・・・ということをやった」
と教えてもらったそうです。

担任の先生には
「どうしても寝そうになったら、許可をもらって顔を洗ってこい」
と言われたとか。。



で、結局どうしているか・・・というと




【日用品屋】眠眠打破フィルム 24枚【※キャンセル・変更不可】【日用品屋】と記載のある商品のみ同梱可能です。
OFFICE OASIS
必ずお読みください商品名に【日用品屋】と記載のある商品のみ同梱配送できます。【日用品屋】商品はご注文




というものをネットで見つけて取り寄せてみました。

どうしても眠くてしょうがないときだけ
午後からの授業が始まる前に一枚口にふくむ・・・ということで
今のところなんとか居眠りせずに済んでいる模様。


カフェインの摂り過ぎにならないか心配だったりもするのですが
ブラックのコーヒーをがぶ飲みするよりはいいかな・・・?
とも思ってみたり・・・(^_^;)

何より、この件で一番思い悩んでいた息子が
とりあえず乗り切る方法が見つかってほっとしているようです。



高校生って大変だな~

職場だったら、ちょっと席を立ってお茶でも入れてくるか・・・とか
トイレに行ってくるか・・・とか
その場で伸びをしたりカラダを動かしたりとかできるのに
授業中ではできないもんなぁ。。



ノートを取ってないのは「居眠り」が原因として。。

さぁ~、あとは「忘れ物」だ。

どうしましょうかね? 息子君よ~







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

お久しぶりです(^-^)
2010年12月02日 14:48
なぜか、チョー多忙な私ですが、このブログを読んで、ホッとしています。相変わらず、素敵なお母さんしてるんだなあ~。いいなあ~って。
私も負けずに息子と成長の日々です。
マイコさんのあの柔らかさの中にある「凛」としたところが好きです

ハート&アート
2010年12月02日 14:51
すみません。
ニックネームを忘れておりましたわ
相変わらず、あわて者です…。
2010年12月03日 15:08
>M先生~

とってもご活躍されているのをブログやホームページで拝見しています
なかなか会えませんが、またM先生のあの笑顔でほっとさせてもらいに行きたいです~

息子ももう高校生だし…と思っていたのに、学校とのお付き合いは中学までとあまり変わりそうにありません(^^ゞ
親の私ももう慣れっこなので、ニコニコしながら先生のお小言を聞いております。
先生にしてみたら、ほんとに困った親子ですよねぇ~(笑)
きらきら
2010年12月06日 12:30
こんにちは。2度目のコメントです。
UPされる記事を楽しみにしています。

最近、3歳の息子が
「発達障害の疑い(ADHD&知的遅延)」
との診断が下りました。
ま~落ち着きなく発達が遅いとは
思っていたのですが。。(^^;)

数か月前は
他人事だった発達障害が急に
目の前に現れたので、
まだ受け止めきれていません。

時間をかけるしかないと思うのですが。。

親が現実を受け止めていく心の動きとか、
いろいろ情報をいただけると嬉しいです。

これからもブログ楽しみにしています。
2010年12月10日 13:25
>きらきらさん

こんにちは(^-^) すっかり寒くなりましたがお住まいの地域はいかかですか?
寒いと何もしたくなくなっちゃいますが、鍋物とかイルミネーションとか、こんな時期にしか味わえない楽しさもあるしな~、と自分に言い聞かせながら過ごしています(^-^)

「発達障害の疑い」という診断が下りたとのことで
とてもご心配されていると思います。
お母さんにとって、最初にこの言葉を聞いた時はどの人もきっと「はいそうですか」なんて受け止めることは難しいだろうなぁと感じています。
私自身も小学校の先生に「診断を受けては…」と言われても、一年くらい「そんなはずはない」と必死に抵抗していましたから…(^_^;)

発達障害を持ったお子さんは、そのまま発達が止まってしまうわけではなくて、「その子なりに」「その子のペースで」ちゃんと少しずつ発達・成長していきます。
でも今はまだ困惑されているときだと思うので、そのことを頭の隅っこの方に小さくてもよいので置いておいていただけたらいいなぁ。。と思っています。

いろいろなお子さん・親御さんがいらっしゃると思うので
「みなさんこうですよ」というお話をするのが難しいかもしれませんが
私たち親子のことが少しでも何かのお役に立てるなら
少しずつブログにも書いていこうと思いますので
良かったらまたのぞいてみてくださいね(^-^)