みんな違う~

開業カウンセラー
パステルアート講師
公共機関やNPOでの相談員

いったい何足のわらじをはいてるんだろう・・・(^_^;)

と、たまにわが身を振り返って考えるときがあります。


「開業する前にちゃんと現場を踏まなくては」
という気持ちで始めた公共機関の相談活動も
もうかれこれ何年になるのかなぁ。。

気が付いたら、自然にいろんなことをやっている状態になっていて
たまにこれでいいのだろうか・・・?と思うこともあるんですが
それでもやっぱり続けていこうと思う自分がいるので
いいのかなとひとりで納得していたりしています(^^ゞ




相談の現場にいたり
いろいろなカウンセラーさん・セラピストさんにお会いすると

相談をお受けする側の人たちにもいろんなタイプの方が
いるんだなぁ・・・ということを感じます。



随分前の日記にも書いたのですが
私は「裏方さん」でいることのほうが心地よかったりします。

こそこそっと裏方で動き回って
状況が好転したら小さくガッツポーズする・・・
のが、じんわりと嬉しかったりするのですょね。



その反対に、自分が表舞台や先頭に立って
「さぁ、私についておいで!」と頑張るほうが向いている(心地よいと感じる?)
人もいます。


どちらのタイプであったとしても
関わった方の状況が好転して、自立していかれるなら
よいんじゃないかと今はなんとなく感じているのですが


たとえば私のように「裏方さん」が好きな人は
気がつくと相手の方の領域に踏み込み過ぎてしまって
その方が本来は自分で行動しなくちゃいけない部分にまで
余計なフォローをしようとしてしまう・・・

なんてことが起こったりします(^^ゞ


反対に、表舞台や先頭に立っている人は
意外と自分がそうなんだということに気づかない人たちもいて
気がつかないままどんどん深みにはまっていくと
「教祖様」のようなカリスマ的存在に変貌してしまう・・・

ということがあったりします。



どちらにしても、そんなことになってしまうと
自分がやっている活動・仕事の本来の目的から
大きく外れていってしまうよなぁと感じます。

どちらにしても
結局は
相手の方のことを見ているようで、実はあまり見ていなくて
自分の「こういうものだ」という考え方や価値観を
「その通りにしていればきっと良くなるし幸せになれる」
と無意識に押し付けることになってしまったり
自立して自分の人生を自分の足で生きていく・・・ということを
邪魔してしまうことになるのですよね。




人って、とっても大きな大きな枠で
タイプ別に分けることはできるのでしょうし
(例えば、引っ込み思案と目立ちたがり・・・とか)
それがとっても役にたつこともたくさんあるのだけれど

やっぱり最大の共通点は
「みんな違う~」 ということなんだなぁ・・・

と、ものすごく感じています。



うつなどの症状で悩んでいる人たちも
発達障害を持っている当事者の人たちも
統合失調症の人たちも・・・

「病名」「障害名」で大雑把にタイプ別?にすることはできたとしても
本当は「みんな違う」ひとりひとりの人たちなのですよね。


症状や障害などの知識を持っているということは
その知識が役立つ道具になることがあったりするから・・・ということであって

「症状・障害」 イコール 「その人」

と思ってはいけないのですよね。


私自身も、そこのところを間違えていて
失敗した経験があります。





カウンセラーやセラピスト、相談員・・・

そういう仕事や活動をするときには
まずは 「みんな違う~」 がとっても大切なんだよなぁ。

だからこそ、
「症状を見ないで人をみる」

と教えていただいたんだな・・・


そんなことを考えています。






さて、これから実家の母のところに行ってきます~

来週から東海地方もいよいよ梅雨入りとか・・・


シーツや毛布なんかの大物洗い
ど~んとしなくちゃですねぇ~(^^ゞ


それでは行ってきま~す。





カウンセリング・アートセラピーのお申込みは コチラ 

「心」も学ぶパステルアート講座
  6月開講土日コースお申込み、お問合せ は
コチラ
  心の仕組みなどを学びながら、「人」や「自分自身」についても
  少しずつ見つめていくことができる アットホームな講座です
  (※パステルアート準インストラクター資格取得できます。残席3名)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

琉球風
2010年06月09日 16:20
まずは行動って大切かも。。行動だけが現実を変える。。かな
キング?カズ
2010年06月09日 20:25
肩書きとか人種とか障害とかで人を判断するのって結局その方が楽だからなのだと思います。今日のマイコさんのブログを読んで、楽をせずに1人1人をじっくり見て、接していきたいと改めて思いました。
2010年06月11日 13:40
>琉球風さん

頭の中だけであれこれ考えていても、実際に行動しなくては環境はなかなか変わってくれなかったりしますよね(^^ゞ
私も、「綺麗な美しい部屋」「綺麗で痩せていて美しい私」をずっと頭の中で考えているんですけど、
行動に出て続けたためしがないせいか現実は…(苦笑)

私の場合、行動するには何がいるのかなぁ~?
2010年06月11日 13:44
>キング?ガスさん

>肩書きとか人種とか障害とかで人を判断するのって
>結局その方が楽だからなのだと思います。

なんか、すごく腑に落ちました(*_*;
私自身にも思い当たる節があったりますから…(汗)

そうですね、お一人お一人違う存在ということを忘れないでいることは、人さまに対する最低限の礼儀だなぁとあらためて思いました。