分からないから分かりたい

子育てって、つくづく教科書・マニュアル通りにはいかないもんだなぁ
と本当によく思います(^^ゞ

特に思春期バリバリまっただ中でもあり
ADHDっていう個性を持っている中学生の息子は
教科書やマニュアルに書いてあることとは全然違う反応をしたりするので
親の私の頭の中が「?」でいっぱい~になっちゃうこともしばしば・・・

思春期の中学生そのものの部分もあれば
まだ小学校高学年のような幼い部分もたくさんあって
「いったいあんたはどっちなの~~」と思ってしまうことばかりです(苦笑)


きっと母親の私のことを 「口うるさくて超うぜぇ~」と思っているから
○○っていう態度をとってるんだな、あいつは~

と推測して接してみても
ぜんぜん事態は改善しなくて

ちょっと落ち着いてから本人に尋ねてみると
実は「ほったらかしにするな~~っ」っという意味だった・・・

なんていうことは日常茶飯事です(^^ゞ
(もちろんその逆もたくさんあります)


相手が息子だと、「きっと○○に違いない」なんて
息子の気持ちも何もかも、知っている・分かっているような気分に
ついついなってしまう私です(苦笑)




>>>


考えて見れば人間って、いつも変化している流動的な存在で
きっと○○なんだろうな、と思っても
次の瞬間にはまた違う状態に変化している・・・なんてことも
あるんじゃないかなぁ。。とよく思います。


それでも誰か(何か)を認識したり理解しようとするときには
「自分にとっての意味づけ」ができてないと不安なので

『あの人は○○だ』
『きっと○○という気持ち(状況)なんだ』

なんていうふうに、

考えたり思ってみたり
自分の思う○○という枠に
相手のその人をはめ込んでみたりするのでしょうね(^^ゞ




私がまだ、息子のことでとってもとっても悩んで
苦しい状況の中でもがいていた時

ある方がこんなことを教えてくれました。


「あのね、よく『子どもと向き合いなさい』って世間で言ってるでしょ。
でもそれだと人間は、ついつい自分の思いや考えを相手に押しつけようとしたり
相手のあら探しをしようとしたり、無意識にしちゃうものなんだよね。
だから、子どもの後ろにそっと回って、子どもが見ている方向を
親の自分も見てみるといいよ。 きっとその子がどんな思いで何を考えているのか
分かるようになるから・・・」


この言葉に、育児に思いっきりつまづいていた私は本当に救われました。

それでもやっぱりなかなかそうもいかなくて
親子バトルに足を突っ込んで随分経ってから、このことに気がつくことも
たくさんある母なんですけど・・・(^^ゞ



カウンセラーとして仕事をしているときも
虐待防止や自死遺族支援のNPO活動をしているときも
電話相談員活動をしているときも
友達や家族と一緒にいるときも

やっぱり同じだなぁ・・・と感じます。


人間は、本当にひとりひとり違ってて、
もちろん大きなタイプ別にすることは出来るのかもしれないけれど
それでは人を分かったことには全くなっていなくて

「分かったつもり」で相手に関わると
ぜんぜん分かっていないトンチンカンな自分になってしまうことがあるんだ・・・

ということを。



それに、大量生産のロボットみたいに人間が同じだったら
そのほうがすごく変だし、ぜんぜん魅力的じゃないかも(^^ゞ


わからないから知りたいと思う、分かりたいと思う。
その人が何を見て、何を感じて、どう思っているのか
知りたいなぁと思う。

それでもきっと全部はわからなくて
でも、それだからこそ、私は人が好きなんだな・・・




>>>


話は戻って、冒頭の息子のお話(^^ゞ


いよいよ来週は私立高校の受験です。
さすがの息子もやっぱり緊張しているのがわかります。

公立高校も、本人が最初に行きたいと思っていた高校は
内申点が足りなさ過ぎて受けることができなくなって
第二志望だった高校を目標にすることになりました。

その高校は、どうしても行きたい・・・というほどではなかったようで
なかなか受験へのエンジンがかからなかったようでした(^^ゞ


昨日、息子に
受験する○○高校のことをどれだけ知っているのか訪ねたところ
ほとんど何も知らなかったことにびっくり!


これじゃあ、行き先が定まらないままフラフラ歩いてるのと一緒だわ・・・

と、○○高校のホームページを一緒に見ながら
どんな高校で、入学するとどんなことができるのか・・・を
確認していきました。

(前にも確か、さらっと説明したはずなんだけどなぁ・・・(^^ゞ)


○○高校は『総合学科』といって、履修科目の約半分が必須科目で
残りの半分は自分で選択できる選択科目・・・という
新しいタイプの高校です。

在校中に取得を目指せる資格もたくさんあって
パソコン・ゲームおたくの息子にとって魅力的な資格も載っていました。


息子みたいなタイプの子には、意外と面白いと感じるんじゃないかなぁ・・・
と思っていた高校だったのですが
あれほどあまり興味なさそうにしていたのに
内容がわかったとたん「絶対行く!」と言い出しました。


あ~

やっと少しはやる気になってくれたかなぁ~
だといいなぁ~(涙)



後残り一カ月ちょっと。

どこまでできるかわからないけれど
息子よ、エンジン全開 ファイトで行こう~(^.^)/~~~



世の中のお母さん、お父さん、保護者の皆さん
一緒に明るく元気に、ドンと構えて(なるべく・・・ね(^^ゞ)
子どもたちを見守っていきましょうネ。


(とか言って、一番自分に言い聞かせているんだな、きっと・・・(笑))




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

fairy
2010年02月02日 21:59
我が家も反抗期突入
あんなにかわいかったのに…
中学男子 難しい
同じ方向かぁ…
どこみているんだろうなぁ?
ちょっと観察してみよ。
maru
2010年02月03日 06:13
こんにちは。ご無沙汰してます(^^)

>>子どもの後ろにそっと回って、子どもが見ている方向を親の自分も見てみるといいよ

はっとしました!
そうですね、うん、そうだそうだ。
後ろにそっとまわって…
なんて優しいんでしょう…。

うちも中2の息子がおりますので、ちょっと難しい時期。
後ろからまわって…それをちょっと意識してみたいと思います(*^_^*)

受験、あと少しですね(^^)
息子さん、見守るお母様、
体に気をつけて、乗り切ってね(^^)
おやじカウンセラー
2010年02月03日 11:14
我が家の次男も来週が私立の受験です。
それなのに恐ろしいほどくつろいでいるので、「一喝!」しておきました(笑)
公立の志望校もようやく決まり、学校推薦が得られたのですが、面接がちょっと心配で…
次男は「滑舌」が悪く、早口で語尾がはっきりしないので気になっています。
本人は「大丈夫、オレだってやるときゃ~ちゃんとやるし~△○×…」とごにょごにょ言うので余計に心配です。
「推薦入試」は運試し程度で期待はできないので、やはり試験でしっかり頑張れるよう最後の追い込みに期待したいです。
★追伸
次男も内申が足りず、当初の希望がかなわなかったので違う高校に希望変更したのですが、その高校には息子が入りたい「剣道部」が無いことを私が調べるまで知りませんでした(ここでもまた一喝!)
結局、息子の学力と希望に合いそうな高校が見つかったのですが、内申はぎりぎりなので本番勝負です。
勉強嫌いと出来の悪さは親譲りですが、危機感の無さは誰に似たのでしょうか…
おたふく
2010年02月03日 12:35
「向き合う」ってほんとに難しいことですよね~。
つくづく・・・
向き合うのは 子供本人ではなくて
子供が今いる現実の方なのかもしれません。
そして子供が見ている視線の先を一緒に見る・・・のかな^^;

息子さん、高校の中身がわかって前向きな気持ちを
持てたようで、このままゴールまで突っ切って欲しいですね!
まずは 目前の私立ですけど・・・
ホント週末まで寒そうなので あと少し 健康管理だけは気をつけなきゃと
うちも自分に言い聞かせてます*^^*
2010年02月06日 00:04
fairyさんこんばんは(^-^)

息子さん、もう中学生なんだ~(+o+)
人のお子さんが大きくなるのは早いなぁ~

中学生って、男の子も女の子も難しいお年頃なんですよねぇ(^^ゞ 男の子は幼い部分と母親離れしたい部分とごちゃまぜで、ほんとわけがわかりません(苦笑)
息子さん、どっち向いて、何を見てるんでしょうね~(^-^)
2010年02月06日 00:11
maruさんこんばんは~ お久しぶりです(^-^)ノ

私もその方にそう教えていただいて、はっ…としました(^^ゞ  私は息子のことを「わからない~(>_<)」と嘆いてばかりで、息子の見ているものも、感じていることも、知ろうとしてなかったなぁ…と気がつきました(^^ゞ


>息子さん、見守るお母様、
>体に気をつけて、乗り切ってね(^^)

ありがとうございます~(^o^)ノ
無事に終わったら、温泉にいこうかな~♪
なんて空想にふけりながら、ガンバリマス
2010年02月06日 00:18
おやじカウンセラーさん、こんばんは(^-^)

いよいよ来週は私立の受験ですね~
子どもたちが受験する当人なのに、親のほうがオロオロしてたりして…(^^ゞ

部活も大事なんですよね~ うちの学校でも吹奏楽部が結構活躍していたので、吹奏楽部だった子たちは高校も部活を基準に選択してるみたいです。

泣いても笑ってもあと少し♪

次男さん、面接試験が上手くいって推薦合格するのを祈っています
2010年02月06日 00:30
おたふくさんこんばんは~(^-^)ノ

ほんと、向き合うとすれば「現実」なのかも。。(^^ゞ

いろんなことに自信のまったくなかった息子が、少しでも今回の受験で何かを掴んでくれたらいいなぁ…とも思いつつ、内申点が思うように上がらなくて大変な思いをしているのを見ると、可哀想だなぁ…なんて勝手におもっちゃったり。。
母親の私のほうが内心オロオロしております(^^ゞ

月曜日からいよいよ私立の受験が始まります。
子どもの前ではど~んと構えて、満面の笑みで送り出してやりたいと思います(^-^)

寒さも来週からは緩むそうなので良かったですネ
健康管理、ほんと気を配らなくては~

2010年02月10日 22:38
はじめまして通りすがりのヒカルパパと申します。ADHDで検索してました。
うちのおねえちゃんADHDです 、もしよろしかったら遊びに来てください。
聖ママ
2010年02月11日 13:53
こんにちは.」息子さん受験頑張ってくださいね~
お母さんも大変だとは思いますが、お母さんも体力勝負ですよね。私はまだまだ先の話ですが・・・
最近子供と向き合うなんてできていません。ついつい頭ごなしに叱ってしまうことが多々あります。
子供の後ろから何を見ているのか、前じゃなくて後ろに回ってみよと思います。