前向いて行こう!〜カウンセラーの日記〜      

アクセスカウンタ

zoom RSS 患者会

<<   作成日時 : 2016/11/10 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は
維持療法を受けるための通院日でした。


2年前、
同室だった彼女たちと一緒に頑張っていた
旧病棟の跡地の工事も
2週間の間に、また随分進んでいました。



画像







***



抗ガン剤の点滴を終えて
会計に行く途中、

がん患者向けの患者会の案内を見つけました。


がん種別の患者会と
がんの種類に関係なく
全ての患者さん、そのご家族が参加できる
患者会があるようでした。



入院していた頃は
同室だった彼女たち3人との触れ合いが
私にとっての患者会でした。

退院してからは
お花の彼女と、人のために頑張る彼女が
私にとっての唯一の患者友だちでした。



でも、今は
私はひとりになってしまって

一緒に頑張ってきたことを分かち合える人たちは
みんな空の上にいて。



きっと、空の上では
2年前と同じように、三人で楽しく笑って
いろんなことを話してるんだろうなぁ、

あぁ、会いたいなぁ〜、
みんなとまた、笑って話したいなぁ、

そんなことを思ってしまう自分もいます。



夫は本当はとても優しい人だと思います。
(表現の仕方がちょっと下手なんですけどね(^^;)

でも、精神的には女の私より弱いのかな?
私の病気の話からは、逃げようとしてるのが
わかります。

たぶん、いたたまれなくなっちゃうんでしょう。
がん患者の家族、という不安を
夫も背負っているんだ、と思うと

やっぱり病気のことや、気持ちのことは
夫にはあまり話せないのです。





患者会の案内を見て
参加してみようかな、、と思ってみたけど


でも、私は

今のところ、目に見える悪いものは
体の中からなくなっています。

それに
大切な闘病友だちが天国に行ってしまった私は
たったひとりになってはしまったけれど


辛い治療を頑張っている方や
そのご家族にとって

私のような患者が患者会に参加するのは
許されることなのだろうか

と思ってしまうのです。




こんなことは、自分が勝手に思っているだけで
こんなことを思う方が、エゴなのかもしれません。


もしかしたら

ステージWでも、
とりあえずこうして普通に生きている
こんな私がいることを知ってもらうことで

少しでも希望を持ってもらえるかもしれません。



それより何より

同じがん患者さんで
同じような状況の人と話たい
気持ちを分かち合いたい

という自分の思いがあることに
最近気づいてしまいました。




参加できる患者会が
来月早々にあるそうです。


参加したいな、という気持ちと
やっぱりやめたほうが良いのかな、という気持ちが

自分の中で葛藤しています。





あー、


どこかに

私と同じように
ステージWだけど、寛解状態
というがん患者さんたちが集まる患者会


ないかなぁ...









にほんブログ村 病気ブログ 膀胱がんへ
にほんブログ村



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Myホームページ

患者会 前向いて行こう!〜カウンセラーの日記〜      /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる